消費者金融の借金を減らす方法について

総額500万円の借金を減らすために30代女子が実際に行ったこととは?

 

私は20代の時、友達と張り合いたいために
ブランド物のバッグを買いあさっていました。

 

給料に見合わない値段のバッグを数多く買っていったために、
ある日気が付いたら借金をしなくてはいけない状態になっていました。

 

どんぶり勘定で生活をしていたために気が付くのが遅すぎて
総額500万円に達する借金をすることになってしまいました。

 

借金をしてから私が借金を減らす為に
どのようなことを工夫していったのかをご紹介します。

 

 

収入を増やすことと支出を減らすことを考える
借金を減らすためにまず考えたことが自分の収入を増やすことです。

 

私は収入を増やす為に資格をとって、
本業の会社から資格手当をもらえるようになりました。

 

また本業以外に副業を始めることにしました。
副業をはじめたことによって月に5万円多く稼ぐことができました。

 

さらに家庭の固定費を見直すようにしました。
携帯のプランを変更して、保険も見直すようにしました。
このことによって月2万円の節約に成功しました。

 

 

 

お金に詳しい人に相談した
借金を減らすために法テラスを利用しました。

 

法テラスの弁護士は借金問題について詳しく知っていましたし、
私の収入と支出を知ったうえで計画的な返済プランを考えてくれました。

 

これは私一人ではとてもできないことでした。
万が一借金が返せなかった時の手続きなども相談にのってもらいました。

 

おまとめローンへの切り替えを行った
複数のキャッシングから借金をしていると
利子を払うだけで大変な額になってしまいます。

 

そこで私は借金を減らす為におまとめローンへ切り替えを行いました。

 

私はおまとめローンにすることによって
利息分を年に20万円減らすことができました。

 

複数のキャッシング会社から1つのキャッシング会社へまとめると
利子が安くなることがありますので検討してみましょう。

 

 

 

借金はよく考えてから申し込もう
私はブランド物のバッグを買いたいために
簡単に借金をしてしまいましたが、
実際に借金をしてみると利子を返すだけで
大変な状況に陥ってしまいます。

 

まずは自分の貯金額を見直してから
身の丈に合った生活をしていくことが何より重要です。

 

もし借金を申し込むときは
本当に返済できるのかどうかよく考えてから申し込むようにしましょう。

 

 

生活が苦しい時の借金、クレジットカードのキャッシングを利用してみて

生活費やその他の資金調達方法に、
クレジッドカードのキャッシングサービスがありますが、
ATMやインターネットで申し込みが
出来るため手軽に利用できる点は便利です。

 

ただし、支払方法や金利について
事前にしっかり確認のうえ利用する必要があります。

 

ここでは私が利用した
信販系クレジットカードでのキャッシングについて書いてみます。

 

 

信販系のカードでキャッシング100万円を2年かけて完済

転職先を確保しない状態で会社を退職し、
次の仕事が決まるまでは生活が苦しい状態が続いたことがあり、
所有している信販系のクレジットカードでキャッシングをして凌いだ事があります。

 

支払方法はリボルビング払いという、
毎月定額を決めてそこに金利を上乗せされた額を支払っていく方法を選択しました。

 

毎月の生活費がキツキツだったので、
私の場合は10,000円の額に設定していましたが、
5,000円位からの額にすることもできたと記憶しています。

 

2005年頃からグレーゾーン金利の問題が取り沙汰されるようになり、
新たな法が施行されるに伴って私が利用していたクレジッドカード会社でも、
キャッシング金利の改定がされました。

 

少し下がった程度ですが、
長期的な返済になるほどその差も大きくなるため、ややほっとしました。

 

私の場合は、総額100万円ほど借金し2年位かけて完済しましたが、
リボルビング払いにしていたことで
金利はキャッシング額の3割位は払ったことになりました。

 

ですので、返済途中で金銭的に余力が出てきた場合は、
毎月の返済額を上げるなどして少しでも
総返済額を減らすことを考えるのが大切だと感じています。

 

また、利用規約などもしっかり読んで事前に知識を得ておくことも重要です。

 

 

 

金利の額をしっかりチェックして早い完済を
急な出費や毎月の生活費が苦しくなったときなど、
クレジッドカードのキャッシングサービスは手軽に使え便利な一方、
金利がどれくらいかかるかは事前に検討することが大切です。

 

もしも返済途中で余裕が出てくれば、
毎月の返済額を変更するなどして出来るだけ早く完済を目指し、
総返済額を少しでも少なくすることが必要です。

 

 

ソフトヤミ金