銀行で借金するには簡単申込、便利に利用できるカードローンについて

消費者金融など借り入れに特化した会社もありますが、
実は銀行でも借り入れができます。

 

給与の振込、水道料、電気料金の引き落としなど
普段の生活で便利に使っている銀行口座。

 

今回は身近な銀行での借り入れ方法について紹介します。

 

銀行では住宅ローンやマイカーローンなどが知られていますが、
利用目的が自由で無担保、無保証人で
利用できる借り入れがカードローンです。

 

 

 

三菱UFJ銀行のカードローン体験

私のメインバンクは三菱UFJ銀行でした。

 

給与の振込口座にするため口座開設をした際に、
当時のカードローン「マイカード」がキャッシュカードと一体型になっているので
便利に使えるとの説明を受け、
口座開設と同時にカードローンも申し込みをしました。

 

ATMマシンでカードで取引する際にはカードの挿入方向を変えることで、
キャッシュカードとして使用したり、
カードローンの取引ができたりと便利に利用することができました。

 

給料日前に少しだけ生活費が足りない時には、
カードローンを利用し借り入れをし、
給料が入るとカードローンの口座に入金することで
返済されるという使い方でよく利用していました。

 

 

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

現在は「マイカード」という商品名が変わったようで、
「バンクイック」というのが三菱UFJ銀行のカードローンの商品名となっています。

 

三菱UFJ銀行以外の銀行でもカードローンを取り扱っている所は多いです。

 

また、簡単にインターネットや自宅の電話から申し込みができるので
口座がある銀行のホームページなどを確認すると良いでしょう。

 

 

 

銀行カードローンのメリット

メインバンクでカードローンの申込み利用時もATMマシンで取引できるため、馴染みがあることです。

 

また、借金に関する郵便物が自宅に送付されてきても、
銀行名義で送付されてくるため、
同居する家族に知られにくいことがメリットとして挙げられます。

 

銀行にもよりますが、年会費、入会費無料で利用できるという場合が多いです。

 

 

 

カードローンの注意点
銀行に限らず他からの借り入れに関しても言えますが、
借り入れをする時には金利と返済のことを考えてから利用するようにしましょう。

 

特に銀行カードローンの場合は銀行発行のカードを使ってATMでキャッシングができるため、
借金をしているという意識が低くなってしまう場合があります。

 

カードローンを利用する際には、
金利を含めた利用後の返済計画もしったり立ててから利用することをおすすめします。

借金の借り換えは総返済額と返済のしやすさを重視するとなぜ良いのか

複数の金融業者から借金をしていると、
返済日が異なるために管理が難しくなりがちです。

 

2社程度ならばある程度把握できたとしても、
3社以上となると既にどこから借り入れをしてどこに返済しているという
細かい状況が分かりにくくなります。
では、借金の借り換えを行うことには、
具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

 

 

借金の借り換えは総返済額の減少を目指す

借金の借り換えを頻繁に行うことは、
信用情報の観点からはあまり望ましいことではありません。

 

なぜなら、計画的にコツコツと返済実績を積み重ねることが、
個人の信用を高めることに繋がっているからです。

 

頻繁に借り換えを行うことは借金に慣れてしまっていて、
借入に対して気軽に考えすぎるきっかけとなりかねません。

 

かつて借金の借り換えをしようと考えた理由は、
金利設定が年率18%と高いために
毎月の返済額に占める利息額が多く元金が
返済を続けても減りにくいと感じたからです。

 

毎月一定額を返済していると借金を返したつもりになりがちですが、
利息総額が多い借金ほど借り換えにより
返済総額を減らせば毎月自由に使えるお金が増えることに気が付きました。

 

 

 

借り換えを行う際には返済日を給料日後に設定しよう

借金の借り換えを行う最大のメリットは、
利用限度額をまとめて借入することにより
上限金利を引き下げることができる点です。

 

借入額100万円以上ならば利息制限法に基づき、
年率15%以下の金利設定としなければなりません。

 

複数の借金を借り換えて利用限度額100万円以上とするだけでも
金利設定が下がり同じ金額の借入ならば
返済総額の圧縮に成功したわけです。

 

また、借り換えを行う際にはおまとめローン扱いとすることにより、
給料日の直後に返済日を持ってくることができます。

 

返済先が1本化されて給料日後に毎月返済日が設定されていれば、
少なくとも滞納してしまうリスクを減らせるわけです。

 

複数の返済日を1つにまとめるからこそ、
滞納してしまうリスクを回避することができます。

 

 

借金の借り換えは返済しやすくするために行う

借金の借り換えを行う目的は、
複数の借入先を1つにまとめて借金漬けとならないように
返済を重視した生活に改めることにあります。

 

また、給料日後に返済日を統一することで、
滞納せずに毎月着実な返済を行うことが可能です。

 

単に借入を1本化するだけでなく、
大口の借入となるほど金利設定が引き下げられることから、
同じ借入額ならば借り換えにより借金をまとめた方が総返済額を減らせます。

 

ソフトヤミ金