借金のために銀行のカードキャッシングに申し込んで無事審査が通った体験談

普段の散財が原因で借金をすることになってしまいました。

 

ただ、家族をあてにしたくなかったので、
銀行のカードキャッシングを利用することにしたのです。

 

 

しかし、カードキャッシングの申し込みをするときは、
不安に感じてしまいますよね。

 

そんなときは、実際に体験している人の情報があると安心するかもしれません。
そこで、銀行のカードキャッシングを利用した体験談を紹介します。

 

 

 

まとまったお金が必要になりカードキャッシングを利用することに
普段からブランド物の服やバッグなどに目がなく、
給料の多くをそれらの買い物に費やしていました。

 

そのため、給料日前になると財布は空っぽの状態になっていました。

 

そんな時、友人から結婚式の招待が相次いで届いてしまい、
祝儀などのお金を用意しなければならなくなったのです。

 

しかし、貯金はほとんどない状態だったので、
誰かから借金をしなくてはならない状態でした。

 

しかし、家族から借金をするわけにもいかないので、
キャッシングを利用することにしたのです。

 

 

 

無事審査を通ってお金を借りることができました
初めてキャッシングを利用するので、どこにしようか悩んだのですが、
大手銀行系列のカードキャッシングならば安心かと思って利用することにしたのです。

 

ただ、銀行カードキャッシングは消費者金融会社よりも審査が厳しいという話は聞いていたので、
審査に通るか心配していました。

 

そのため、パート・アルバイトでもOKなど、
比較的申込しやすい銀行のカードキャッシングに絞って申し込むことにしたのです。

 

その結果、審査に通るかという心配は杞憂に終わり、
無事お金を借りることに成功しました。

 

やはり銀行側としたら、
審査に落ちてしまうような人を申し込ませたくはないのかもしれません。

 

何故なら、コスト面を考えると無駄になることが多いからです。

 

おかげさまで必要なお金を用意ができて、
結婚式にも出席することができました。

 

 

 

カードキャッシングは計画的に利用しよう
一口にカードキャッシングといっても、
消費者金融や銀行など、その種類は様々あります。

 

それぞれに申し込みのしやすさや、審査の通りやすさなどに特徴があるので、
あらかじめ調べて情報を得ておくと手続きはスムーズです。

 

どのカードキャッシングを選んでも、借金であることは変わりないため、
ちゃんと返済できるように計画的に利用することが肝心です。

借金は延滞となる前段階で連絡するとなぜ良いの?事前相談で返済を目指す

借金をする際には借入できてほっとしますが、
いざ返済となった時に思わぬ事態から延滞することは誰にでもあり得ます。

 

計画的な返済を行うために毎月1万円の返済計画すらも、
ある日突然の失業により難しくなってしまうことは珍しくありません。

 

しかし、借金には延滞となる前の段階ならば
比較的スムーズに返済できるようになることを知りました。

 

では、金融業者は延滞となる前にはどのような相談ができるのでしょうか。

 

 

滞納と延滞は借金を行う上で全く意味が異なる
金融業者から借金をしていると、
延滞したらすぐに借金取りによる厳しい取り立てがあると思われがちですが、
正規の金融業者からの借入であれば電話連絡に応じている限りそのようなことはありません。

 

なぜなら、貸金業法により定められた範囲内での取り立て以外は、
金融業者側が刑事罰の対象となってしまうからです。

 

また、借金を1ヶ月程度滞納した程度では延滞と呼ばれる状態とはならず、
延滞となるのは61日以上約定返済を行わずに滞納している状態を示します。

 

つまり、法的な処置が行われる可能性が出てくるのは
あくまでも61日以上の延滞と呼ばれる状態であって、
数日から1ヶ月程度の遅れならば電話連絡に応じて返済できる日を約束することが
借金問題解決の近道だと分かりました。

 

 

 

延滞に陥る前ならば事前連絡で返済しやすく組み替えられる
初めて借金の滞納を行った時には、
返済日から数日後にかかってくる電話連絡に対して怯えていました。

 

1週間ほど電話連絡を無視していると、
職場への電話連絡が入ったので勤務終了後に
折り返し連絡を行う約束をしましたが肝が冷えたことを覚えています。

 

しかし、実際に電話連絡をしてみると、
滞納してしまった事情確認と入金可能な日程の相談であって怖い印象はありませんでした。

 

実際にはうっかり銀行引き落とし日を忘れてしまっている場合や、
勤務先が倒産したといった事情がある人も珍しくないために
長期滞納となる前ならば返済方法の相談が可能です。

 

既に急な失業に伴う返済予定が狂うと分かった時点で連絡すれば、
数カ月間は利息のみの返済に応じてくれることも珍しくありません。

 

 

 

借金は延滞状態になる前に金融業者へ相談すれば精神的にも楽になる
借金の返済が滞ると、つい金融業者からの連絡を無視したくなりがちですが、
61日以上の長期滞納に伴い延滞状態となる前ならば
金融業者が法的手段へ訴えてくることはありません。

 

倒産や失業に伴い返済計画が狂うことは誰にも起こり得ることだからこそ、
返済が不可能と判明した時点で金融業者へ事前相談すれば
利息のみ返済といった救済措置を取ることで借金取りに怯える不安を抱えずに済みます。